• ホーム
  • まつ毛のボリュームアップにまつげ美容液「ケアプロスト」

まつ毛のボリュームアップにまつげ美容液「ケアプロスト」

2020年05月07日

ケアプロストはルミガンという医薬品のジェネリック医薬品になり緑内障の点眼薬ですが、ケアプロストとルミガンの主成分は同じです。インドの製薬会社が取り扱っていて、ジェネリック医薬品としてはとても有名で品質にも問題がないとされています。ケアプロストの主成分としてピマトプロストが配合されていますが、臨床試験ではまつ毛の育毛効果があることが報告されます。国内では一般的に販売しているまつ毛美容液などは化粧品で、ケアプロストは医薬品になるので効果の違いに大きな差があります。まつ毛美容液とは違って、医薬品のまつ毛育毛効果が臨床試験によって報告されているので信ぴょう性も高くなります。

ケアプロストはボリュームのあるまつ毛にしますが、その育毛効果は早い人で1週間で遅くても数ヶ月でまつげに変化があらわると報告されています。平均的な効果の出方は数ヶ月単位が多いですが、ケアプロストは1本を数ヶ月で使い切ることができます。ケアプロストの使い方はメイクを完全に落とした後で、就寝する前が良いタイミングになります。必ずコンタクトレンズは外してから使用しますが、両目に一滴ずつ点眼することで十分足ります。アイラインを引くような仕草で、まつ毛の生え際へなじませて上の毛の根元にだけ塗布することが基本です。

下まつ毛には直接塗布しないようにし、液体が乾燥するまで手で触れないようにします。アプリケーターは衛生上の問題もあるので、使い捨てが一般的です。この方法でまずは3ヶ月ほど続けていきますが、開封したケアプロストは1ヶ月を目安に使い切ることが大切になります。まつ毛の育毛効果の一つである太くてボリュームのあるまつげを作りますが、メラニンによって色素沈着を起こす可能性があります。

まつ毛の育毛以外で薬剤を使用することなく、他の部分へ付着した場合はすぐに洗い流すことで問題が解決できます。放置することで付着した部分がシミになる可能性がありますが、使用をやめることでシミが消えます。ルミガンのジェネリック医薬品になりますが、有効成分は同じでインドの製薬会社が取り扱っていることが違います。

専用のアプリケーターが付属されていない場合は、別売りで購入することができます。根元に対して左右で違うブラシを使いたい時にも、別売りのものを購入することで問題解決になります。万が一アプリケーターがなく、別売りのものを購入しない場合は、綿棒で代用することができます。綿棒に液体を1滴垂らし、生え際をなぞるようにしてしっかりと塗布することがポイントです。