• ホーム
  • プラセンタのアンチエイジング効果とは?たるみ知らずのハリ肌に

プラセンタのアンチエイジング効果とは?たるみ知らずのハリ肌に

2020年04月10日

アンチエイジング効果のあるプラセンタは、たるみを改善しハリのある肌に導きます。五大栄養素と言われるタンパク質・糖質・ビタミンやミネラルを含んでいるプラセンタは、人間の体を作るだけではなくエネルギー代謝をよくする働きがあります。成長因子を含むことが大きな特徴ですが、肌や体の細胞のターンオーバーを整えていきます。酵素は約100種類近くも確認されていますが、物質の消化や吸収・代謝や排泄などの生命維持に関わっている物質になります。核酸はこの働きにより新しい細胞が正しく作られ、人間の体の健康が保たれています。

核酸が不足すれば細胞のターンオーバーがうまく行われないので、老化の原因となります。ムコ多糖の代表的なものとして、ヒアルロン酸・コンドロイチン硫酸がありますが、肌や細胞を保持する役割があります。プラセンタはお腹の中にいる胎児にとっては、生命維持や発育に対して重要な働きをしています。美容や健康増進などの中で効果を発揮しますが、代表的なものはアンチエイジングや美肌・免疫力を高める効果があります。皮膚は常に紫外線やストレスなどのいろいろな刺激を受けていますが、肌が健康であれば正常な角質層に守られているので、大きなダメージを受けることがありません。

しかしターンオーバーが乱れていると、角質層が壊れるので肌を守ることができなくなります。これにより肌荒れやシミ・シワを発生させますし、肌の老化の大きな原因である乾燥を加速させます。プラセンタは肌のターンオーバーを整えて正常化するので、肌の水分保持にも効果を発揮します。老化は人間の体の中では活性酸素が深く関わっていますが、プラセンタには活性酸素を抑える抗酸化作用が見られます。活性酸素にはストレスや紫外線・喫煙や食品添加物などのいろいろな原因が混じり合って発生するので、細胞を傷つけながら老化の大きな原因になります。

現代人の社会的な環境は、活性酸素が発生しやすいのでプラセンタでケアすることが適しています。プラセンタに含まれている成長因子や核酸によって、さらに免疫力を高めて行く効果が期待できます。アミノ酸を含めた栄養素が肝臓の栄養となるので、免疫力を高めますし肝臓には体内に入った有害なものを解毒する働きもあります。

病原体やウイルスの侵入も阻止することができるので、肝臓が元気になれば必然的に免疫力も高まります。プラセンタは美肌効果とアンチエイジング効果があり、キメの整った肌や潤いに満ちた肌へ導くことが特徴です。美しい肌は特に若々しさの象徴となり、免疫力を高めることで疲れにくい体になります。