• ホーム
  • ホクロが薄くなる?フルオロウラシルの効果と副作用を知ろう

ホクロが薄くなる?フルオロウラシルの効果と副作用を知ろう

2020年02月19日
スキンケアをしている女性

ホクロが目立つ人はコンプレックスに感じていることもありますが、国内でも認知度が高まってきているのがフルオロウラシルという成分です。フルオロウラシルは美白効果・皮膚のターンオーバーなどに効果があるとされ、美白などのスキンケアのための医薬品で使用されます。肌の生まれ変わるサイクルのターンオーバーを促進させ、メラニンを含んでいる古くなった角質を上に押し上げていきます。新しい皮膚に生まれ変わらせていくので、肌に透明感が出てきます。ホクロのケアや治療を行なっても今まで改善できなかったときに、フルオロウラシルを含むクリームなどを使用することで改善が期待できます。

古い細胞を追い出しながら新しく健康的な細胞を育てるので、今まで薄くすることすら難しいとされていたホクロも薄くすることが可能です。ホクロが薄くなればメイクなどでわざわざ隠す必要が開くなり、特に顔の気になるところにある人や、大きなものがある人はコンプレックスを解消してくれます。肌内部のコラーゲンを作る効果が促進されることを確認していますが、通常のスキンケアで使われることも多いです。シワを薄くする効果があるので、美肌と美白効果の両方から肌を改善していきます。この成分は皮膚がんの治療薬としても用いられており、がん細胞を抑制する働きがあります。

細胞の複製を行なっているDNAに対して働き掛ける作用があるので、細胞の複製が今まで通りに行えなくなったがん細胞を終わらせていく抗がん剤として使われます。細胞の代謝に働きかけることで健康な細胞を育てるので、ホクロを薄くしながら肌の再生を促進させていきます。フルオロウラシルはホクロを薄くしますが、皮膚のコラーゲンの再生を促進させ、さらにシワを薄くしていく効果があります。美白だけには止まらずスキンケアをする効果もあるので、フルオロウラシルを配合しているスキンケアアイテムがあるほど効果が期待できます。シミやシワが改善されることで、肌の若返りも促進されることが特に注目されています。

フルオロウラシルの副作用として光に敏感になったり色素沈着や炎症が起きることがあるので、必ず使用する前にパッチテストを行います。パッチテストをした部分の皮膚にかゆみや赤みなどの副作用が出たときは、使用せずに医師に相談することもできます。使用量を指示された量よりも多く使えば副作用のリスクがあるので、使用量や使用方法をよく守ることも大切です。病院で処方される医薬品であることを認識しながら、効果の高いものを正しく使用することが安全にきれいになれるポイントになります。